Leica DISTO X4  導入

橋梁点検や橋梁補修設計業務において橋の計測を正確かつ、迅速に。
ということで、Leica DISTO X4 を導入しました。

橋面を従来どおり巻尺で実測したあと Leica DISTO X4 で計測。

オプションのDST 360にセットすることで2点間や面積も数秒で計測可能。

社内で再度、使い方や現場での利用方法についてディスカッションを行いました。
現場の効率UPアイテムになりそうです。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る