建設作業現場における危険体験をVRでリアルに体感できます。
安全大会やKY活動、社内研修の一環として、「安全体感VRトレーニング」を実施してみませんか?
お一人様約5分弱の体験(ヘッドセット脱着含め)が可能です。
体験してるVR映像を別モニターで周囲が観覧することも可能です。まずはご相談ください。

現実では難しい、墜落、落下、火傷等の体験をVRで実現。

安全体感VRトレーニングラインナップ

NO.001
建設現場における仮設足場からの墜落
監修:大鉄工業株式会社様

NO.002
車両基地構内における危険体験
©2017(株)JR東日本運輸サービス

NO.003
ゴンドラ作業中の墜落事故体験
監修:株式会社マサル

安全体感トレーニングイメージ

NO.004
鉄道車両屋根上作業中の危険体験

建設現場シリーズ

専門的な知見を取り入れ、現場のニーズを反映した内容とする為、建設現場に特化した本製品【建設現場シリーズ】も提供いたします。

NO.001
可搬式作業台を使用した危険体験

NO.002
開口部廻りの危険体験

NO.003
外部仮設足場の危険体験

安全体感装置シリーズ

ヘッドマウントディスプレイによるVRだけでは実現できなかった痛みを伴う「感電」等の触覚の再現により、事故の危険性を実感を持って学ぶことが出来る体感教育プログラムとなっております。

安全体感トレーニングイメージ

NO.001
盤内配線作業中の感電
装置協力:株式会社昭和電業社
監修:富士電機株式会社

VRシステム

対角最大5メートルの空間を実際に歩き回ることができるVRシステムを採用!
よりリアルな体験を提供します!

安全体感トレーニングイメージ
安全体感VRトレーニングではルームスケールVRを実現するVRヘッドセット、HTC Viveを採用しています。対角5メートルの空間を自由に歩き回る事により、限りなく実際に近い体験を提供します。現実に近い体験を通して安全意識の向上を促します。
安全体感トレーニングイメージ

スタンドアローン(一体型)対応

スタンドアローン型VRデバイスへも順次対応してまいります。PCを必要としない一体型ならではの手軽な運用は、煩わしいケーブルから解放され、携帯性に優れ、設定も非常にシンプルなものとなり、現場での教育運用がこれまで以上に実施しやすくなります。
※ 対応デバイス、コンテンツは順次追加予定。(対応予定デバイス:Oculus Quest、他)
安全体感トレーニングイメージ

スマートフォンアプリにて展開中

簡易VRゴーグルにて確認可能なスマートフォンアプリをご用意しました。安全体感VRトレーニング導入前のトライアルとしてご利用いただけます。また導入コストを低く設定しておりますので、多人数に対して簡単にVR安全教育が可能となります。ハコスコ、GoogleCardBoard等のVRゴーグルをご使用下さい。
安全体感トレーニングイメージ

 

 

 

※「安全体感VRトレーニング」他ご紹介するVRコンテンツは(株)積木製作が展開する教育VRソリューションです

九州での安全体感VRトレーニングお申し込みは(株)FUN OF FUNまで

〒880-0805 宮崎県宮崎市橘通東4丁目7番28 TOKIWA30ビル2F TEL:050-3579-1973 FAX:050-3488-4253

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る